速読指導をしていて、よくあるご質問をまとめてみました。

 

 

【本当に誰でも速読ができるのでしょうか。難しいんでしょう?】

 

まったく難しくありません。

 

よそさま(私が昔に習ったとき)の速読は、その人の能力を力ずくで伸ばし、引っ張り上げて、強引に速く読ませるような指導です。

 

ですので、そのトレーニングは多岐にわたり、人によっては苦痛も伴います。

 

能力を上げて速く読ませるので、逆にいうと能力があがらなかった人は読めないわけです。

 

 

大阪速読研究所の速読は、もともと人間が持っている能力を利用して速読をしていただきます。

 

「もともと持っている力」ですので、どなたでも速読を身につけていただけます。

 

また、他と違い、圧倒的に少ない時間数で速読ができるようになります。

 

 

 

【質問:速読をすれば、ゆっくり読めなくなるのではないでしょうか】

 

そんなことはありません。

 

速読を習う前はゆっくりしか読めなかったのが、習ったあとは読書スピードを自由自在に調整できます。

 

ゆっくり味わいたければ今までどおりゆっくりと、読みたい本が山積みになっていたり業務上速く目の前の文書を頭に放り込んでしまいたければ速読を、という使い分けが可能となります。

 

 

【質問:速読で読んだ本は、本当にきちんと理解できているのでしょうか】

 

 

1冊の本(200ページ程度)を読む場合、

 

速読の理解度は、2週間~3週間ほどかけて読破したときの理解度と同じ程度です。

 

もとのページにもどる

 

 

【質問:自分にとって難しい内容の本や文章を速読で読むことは可能でしょうか】

 

できません。

 

ゆっくり読んでも理解ができない文章は、速読でも理解はできません。

 

 

 

【質問:資格試験の勉強で速読を用いたいのですが、可能でしょうか。】

 

可能です。

 

ご来所いただいた際にその旨をお伝えください。

 

ただし、まったく知らない内容をいきなり速読で完璧にするのは常識的に不可能です。

 

(たとえば、法律をひとつも勉強をしたことがないのにいきなり司法試験を突破できるレベルになる等。)

 

もとのページにもどる

 

 

【質問:ものすごく読むのが遅いのですが、速読を習ったら本当に効果があるのですか。】

 

あります。

 

おまかせください。1回の指導で、読書が得意な人よりも、明らかに速くなります。

 

 

【質問:一度速読を習ってから何年も速読を使わなかった場合、再び速読はできるものでしょうか。】

 

個人差がありますが、使わなければできなくなることや、やり方が思い出せないことはあります。

 

自動車の運転免許を取得してからまったく自動車を運転しなかった場合、運転が難しくなるのと同じでしょう。

 

もし再び速読をしようとしたときにやり方を思い出せない場合、おいでいただいたらその方向けの指導を行います。

 

ご来所の際にその旨をお伝えください。

 

 

もとのページにもどる