今津 大輔(大阪速読研究所代表)

 

★1回の指導で23倍の読書スピードアップ指導者★

★効率のよい本の読み方講師★

 

 

1970年西宮市生まれの京都育ち

速読歴28年目

 

高校3年のときにまったく集中力がなくなり、学力も激下がりする。

 

大学受験浪人2年目が決定し死のうと思ってふらふらしているときに、速読と出会う。

 

ほどなく、代ゼミ模試(英・国・日本史)の偏差値が40→60まで一気に伸びる経験をした。

 

速読によるそれらの経験から「学力をつかさどるすべての力は母国語運用力である」と悟り、甲南大学入学後中学の国語科教員を目指すも、教育実習中に理想と現実とのギャップを感じ教員を断念。(教員免許は取得)

 

卒業後外資系商社に入社するが、どうしても子供に勉強を教えたくなり中国地方で最大規模の進学塾である「鴎州塾」の門を叩く。中学・高校受験の指導を行いつつ若干27歳にして校舎長となり、年収がイケイケドンドンであがっていった。

 

その間速読でビジネス書をたくさん読んでいるうちに一国一城の主になろうと思い、鴎州塾を辞めて住友海上(現三井住友海上)へ転職。損保代理店主としてやがて独立することを考えていたが、あえなく挫折。

 

再び学習塾業界へ舞い戻り、全国規模で展開している「能開センター」で受験指導を行う。が、今度はC型肝炎にかかっていることがわかり、治療に専念するために止むなくここも去ることに。

 

完治後、尼崎・伊丹地区でNo1を誇っていた「木村塾」に入り、中学・高校受験の指導を行う。

ふたたび速読でいろんなジャンルの本を読み漁る。(この頃アマゾンへの支払いは毎月5万円)

体調が戻ってくるにつれて再び一国一城の主になりたいと思い、今度は学習塾経営者として独立。

 

2005年より学習塾を経営。

 

独立する際に起こした有限会社は、専門家の手を一切借りずにすべて速読で手に入れた知識のみで設立した。

 

 

1回の指導でどんな人も必ず3倍以上の読書スピードにし、なかにはたった1回で23倍以上に伸ばしたこともある経験を持つ。

 

「どんな人でも必ず速読を身につけられる」「近い将来速読はどの人にも必要なアイテムになる」ことを信念に、日々指導を行っている。

 

 

◆◆◆1冊を3分で読んでいる様子です(分速約9万字)◆◆◆


速読大阪 大阪速読研究所